こんにちは! 三重県・和歌山県南部にてお墓のお仕事をさせていただいております、湊(みなと)石材店の湊です。今回は、熊野市丸山千枚田でのお墓じまいの様子ご紹介いたします。

熊野市丸山千枚田 お墓じまい

 

今回のお施主様は、以前お墓のお仕事をさせいただいたお客様からご紹介いただきました。和歌山県紀の川市にお住まいの方で、熊野市丸山千枚田にお墓をお持ちでした。お住まいの紀の川市からは、車で3時間はかかる距離です。遠くてお参りが大変なので、ご遺骨を引っ越して改葬・お墓じまいをしたいというご相談で、お店までお越し下さいました。お店でお話を伺って、後日お墓の確認をしてお見積もりを差し上げ、工事をご依頼いただきました。

 

こちらがお墓の様子です。小さいお墓も含めると、12基のお墓が建っていました。以前に山の上からこちらに移されていたり、右端の戦没されたご先祖様のお墓にはご遺骨がなかったりしたので、12基のお墓ですが、実際眠っておられる仏様は4名でした。今回手続き等については、ご説明の際に改葬の手続き等については一通りご案内して、お施主様の方で役所進められました。

お墓の工事に入る前に、まずはご遺骨の取り出しを行います。納骨袋に納めたご遺骨は、お施主様がお持ち帰りになりました。土葬のお墓でしたので、再火葬が必要になります。

 

ご遺骨を取り出したあと、お墓を取り外しました。土が少し盛っていたので、雨などで流れ出してしまわないように、このあと防草シートを貼っておくので貼りやすいように、手前のブロックよりも少し低めに土を掘り下げて調整しました。

シートを貼る前に、お清めの塩を墓地に撒きました。

 

防草シートを貼って完了です!

 

防草シートは貼らなければいけない決まりがあるわけではありませんが、次にこの墓地を使われる方や、周りのお墓の方にご迷惑がかからないように貼っています。風で飛んだりしないように必要なところはしっかり留めて、隙間のないよう隅々まできれいに貼って仕上げました。これまでお世話になっていた墓地や、周りの方々への配慮です。

再火葬の兼ね合い等もあってこちらにご一泊されていたお客様に、お墓じまいの終わった様子をご覧いただくことができました。きれいになったお墓をご覧になって、安心されたご様子でした。

近年の社会情勢などから、全国的にもお墓じまいは増えていますし、当店へのご相談も年々増えています。墓地を返還されると、墓地の管理者の方や周りのお墓の方々とは関係がなくなるものの、これまで縁あってお世話になっていた墓地にご迷惑のないように、できる限りきれいにお墓じまいすることで、お施主様にも安心していただけるようにしています。

このたびは、当店へお声かけいただきありがとうございました。ご紹介くださったお客様にも感謝申し上げます。