こんにちは! 三重県・和歌山県南部にてお墓のお仕事をさせていただいております、湊(みなと)石材店の湊です。三重県南牟婁郡のお寺様 林松寺様にて、涅槃像のクリーニングをさせていただきましたので、その際の様子をご紹介します!

 

【クリーニング前後の様子】

 

20年ほど前に私の先代の父が、永代供養の納骨堂を施工させていただいたお寺様からのご相談です。林松寺というお寺様で、私どもの菩提寺でもあります。納骨堂の上の部分に涅槃像があり、この涅槃像が汚れてきたのできれいにしたいというご相談でした。お彼岸前の時期に、きれいにクリーニングをさせていただくことになりました。

 

こちらが施工前の全体像です。全長約3mほどのお釈迦様です。全体的に、黒い汚れがたくさんついています。長年の間に少しずつ付着した苔や、蓄積したほこりなどの汚れと思われます。

 

20年ほど前の施工にしては汚れが強いようにも見られます。身体の左側はほとんど真っ黒になっていますね。周りにみかん畑があったりと、樹木や緑に囲まれていることも関係しているかもしれません。また、表面が磨き仕上げではなくたたき仕上げなので、汚れが付着しやすいということもあります。

 

お顔の部分もこのようにかなり真っ黒になっていました。

 

お釈迦様の頭の上から見たところです。螺髪(らほつ)と呼ばれるお釈迦様の丸まった髪の毛も、隙間にびっしり汚れが入り込んでいます。

今回は、いつもお世話になっているお寺様へ、ご奉仕する形できれいにさせていただきました。お彼岸にお参りに来られる方にもきれいなお釈迦様を見ていただけるように頑張ります!

 

クリーニング開始です。まずは、除塵清掃といって全体的なホコリ等を払ってきれいにします。その後、水洗いしてある程度の汚れを落とし、表面の汚れを浮き上がらせていきます。

 

水洗いのあと、石材専用の薬品を使用して、しつこい汚れを落としていきます。当店では、専門的な石材ケア・メンテナンスの講習を受け、認定・資格を得たスタッフがクリーニングを行います。専門の知識と技術を身につけています。

 

頭の部分です。こういった細かい部分はブラシを使用して隅々に入った汚れを取っています。時間はかかりますが、ひとつひとつ丁寧にきれいにしていきます。

 

ずいぶん汚れが取れてきました。大まかな汚れが取れて、真っ黒だった部分もかなりきれいになりました。一回ではすべて取りきれないので、汚れの強いところは先ほどの工程(水洗い→薬品洗浄)を何度も繰り返します。乾いてしまうと汚れが落ちにくくなってしまうので、少しずつ水を含ませたりと注意しながら作業を進めます。

 

かなり汚れが取れて、石肌も見えてきました。あとは細かい汚れを丁寧に取っていけば完了です。

 

クリーニング完了です! 見違えるようにきれいになりました!!

 

このあたりは汚れが付着して真っ黒になっていましたが、ここまできれいになりました。施工当時に近いくらい、石肌もきれいに見えるようになっています! 汚れの強いところは繰り返し洗浄して、細かいところもきれいにすることで、細かい筋が入ったたたき仕上げの表面もここまできれいにすることができました。

 

お顔の部分です。すっきりときれいになって、どことなく気持ちよさそうな表情になった気がします^^

 

螺髪の部分もかなり細かい汚れの落ちにくい部分でしたが、丁寧にブラシで洗浄したりしてすっきりしました。

 

ご住職様と奥様にも大変喜んでいただきました。せっかくなのできれいになったところをみなさんにどうぞ紹介してくださいとおっしゃっていただけましたので、今回ご紹介させていただきました。ありがとうございます! 見違えるようにきれいになりましたので、お彼岸にお寺様へお墓参りに来られた方に「きれいになってるね!」と驚いていただけるのでは・・・?と楽しみです^^ 永代供養墓に眠られている方も、お参りされる方も気持ちよくお彼岸を迎えていただけるとうれしいです。

今回は、20年ほど前に施工させていただいた涅槃像のクリーニングの様子をご紹介しました。施工当時と変わらないほど見違えるようにきれいになった姿に、クリーニングをした私自身も驚くほどでした^^ お墓の汚れに悩まれている方はたくさんいらっしゃると思いますが、すっきりきれいになったお墓は、お参りされるととても気持ちが良いですよね!^^ 当店では、専門的な石材ケア・メンテナンスの講習を受けて、認定・資格を得たスタッフがクリーニングを行います。専門の知識と技術で、丁寧にしっかりとクリーニングをさせていただきますので、お墓の汚れが気になる方にはどうぞ安心してご相談いただければと思います。