こんにちは! 三重県・和歌山県南部にてお墓のお仕事をさせていただいております、湊(みなと)石材店の湊です。三重県南牟婁郡御浜町の志原(しわら)の地域墓地に、モンゴル産ラスグレー石でお墓の建立をさせていただきましたので、ご紹介します!

 

【三重県南牟婁郡御浜町志原の地域墓地 墓石:モンゴル産 ラスグレー石(黒御影石)】

 

私の昔からの知り合いの方からご相談いただきました。20年くらい前からお世話になってきた先輩で、昨年お父様を亡くされて、1年忌に合わせてお墓を建てたいとご希望でした。

 

墓地はすでに御浜町志原の地域墓地にお持ちでした。亡くなられたお父様が求められた墓地だそうです。コンクリートの外柵がすでに設置されていましたが、今回これをすべて取り除いて、白御影石の外柵を新しく作成します。

 

後方から見るとこのように少し傾斜のある墓地で、後ろはコンクリートの通路になっていますが、少しヒビが入っているところも見られました。今回の工事の際に、この通路もきれいにすることになりました。

工事の工程としては、まずは今あるコンクリートの枠を取り外して更地にします。そこにコンクリートの基礎を打ち、外柵を設置、お墓の本体と霊記を設置したら完成です。

 

完成したお墓です!

向かって右手にお墓、左手に霊記を配置しました。周りのお墓も同じような配置が多いので、調和の取れる形にしました。

 

お墓本体です。今回は、モンゴル産ラスグレー石で作成しました。重厚感のある黒御影石です。お客様は、かつてよく使用されていた中国産の万年青という石で造られたお墓を他の墓所でご覧になって、濃く深い色合いがとても気に入ったとおっしゃっていました。今回はお考えのご予算も伺っていましたので、お好みの濃い色合い等を考慮して、いくつかサンプルを見ていただき、最終的にはこのラスグレー石を気に入っていただけました。他のお仕事で記念碑を作るのによい石がないかと探しているとき、お世話になっている問屋さんからこのラスグレー石のことを聞いたのですが、お墓用として扱うのは私も初めてでした。濃い色合いでとてもきれいな石ですね!

 

霊記です。今回は、お参りがしやすいお墓になるように、ということを念頭において設計・デザイン等を考えました。霊記の前にこうして滑り止め付きの拝石を設けることで、お掃除やお参り準備の作業がしやすいようにしました。

 

ステンレス製の塔婆立ては、コンクリートの基礎にしっかりと埋め込まれているので、強風で倒れたりすることもありません。お墓左手の方は少し高さを出して、全体が水平になるようにしています。2段に分かれた巻き石は、下段に額縁のような額彫りをして見た目もきれいに仕上げました。通路もきれいにして完成です。

 

手前の一段下がった入り口にも、滑り止めを設けています。ここからお墓の花立てなどに手が届きやすいように、配置等も考えました。「お参りしやすいお墓」にするための配慮です。

先輩には、立派なお墓が完成して喜んでいただけました。亡くなられたお父様のことは私も存知上げていましたので、安らかに眠っていただけるようにと思いながらお手伝いをさせていただきました。今回のように身近な方のお墓を建てさせていただくことは時々ありますが、最期の時までこうしてご供養に携われるのはお墓のお仕事をしているからこそのことでもあり、ご供養やご恩返しになればとの思いでお手伝いさせていただいています。眠っておられるお父様にも、喜んでいただけているといいなと思います。