こんにちは! 三重県・和歌山県南部にてお墓のお仕事をさせていただいております、湊(みなと)石材店の湊です。今回は、新宮市営南谷霊園にて、お墓のクリーニングをさせていただいた際の様子をご紹介します。

 

【新宮市営南谷霊園 墓地洗浄】

 

新宮市営南谷霊園にお墓をお持ちの方からご相談をいただきました。お仕事関係で当店のことを覚えてくださっていたようで、南谷霊園にある奥様のご実家のお墓をきれいにしたいというご相談でした。

 

こちらがお客様のお墓です。新宮市営の南谷霊園は、当店から車で30分くらいのところです。建てられた方のお名前やいただいた地図を頼りに、現地で確認を行いました。

 

確かに汚れも見られるものの、きれいにされているお墓でした。ただ、周りのブロックにびっしり付いている苔などが気になります。木々や草地に囲まれている立地も関係がありそうです。一度業者さんに頼んできれいにしたこともあったそうなのですが、もっとすっきりきれいにしたいということでした。

 

正面文字です。白い色がはがれかけているところが見られます。

 

上台の下台の継ぎ目の部分です。全体はきれいにされている印象のお墓でしたが、細かく見るとやはり水垢などの汚れが見られました。普段のお掃除ではなかなか取りきれない汚れです。

 

水鉢です。縁の部分に黒い水垢がついています。水が溜まる場所には、石が水を吸うことでそこへ汚れが入りこんでしまい、こうして取れにくい汚れが付着してしまいます。

 

周りのコンクリートの囲いや、手前の土間部分はこのようにびっしり苔が生えていました^^;

お写真を撮ってお客様に確認していただき、お見積もり等差し上げて、今回はクリーニングや色の入れ直しなどの作業をお任せいただけることになりました。季節柄、蚊取り線香もしっかりセットさせてもらい、作業開始です!!

 

まずは、お墓の周りの囲いブロックの汚れを落としていきます。写真は、お墓横にある石垣に付着した頑固な苔などの汚れを落としているところです。一度水をかけて汚れを落ちやすい状態にして、壊さないように水圧に注意しながら洗浄します。

 

囲いブロックの角の高圧洗浄で取りきれない汚れは、手作業で落とします。ブラシ等を使用して丁寧に取っていきます。手前の土間部分のびっしりついた苔や、ブロック外側の汚れも同じようにきれいにしました。

 

お墓の周りの砂利は端から少し寄せて、その周りの囲いブロックの洗浄を行いました。お墓本体は一旦取り外してクリーニングを行います。手作業でこすり洗いをしています。

 

水鉢のクリーニングを行っています。専用の薬品を使って汚れを浮かせてから、しつこい汚れを落としていきます。ここでは、砥石も使用してしっかり汚れを落としています。

 

すべての石のクリーニングが終わると、文字色の入れ直しを行います。一文字ずつ筆を使用して手作業で入れていきます。

すべての作業を終えたら、お墓を据え直して完成です。

 

クリーニング終了です!

お墓の黒ずんでいた汚れもとれて、ブロックの苔もきれいになりました。砂利は補充して敷き直しています。

 

棹石です。汚れが取れて、文字色も入れなおしたのですっきりしてよりきれいに見えます。石の素材の色がきれいに見えるようになりました。

 

上台と下台の継ぎ目です。黒っぽい水垢などの汚れがきれいに取れました。

 

水鉢です。石の粒子の中に詰まった汚れも、専用の薬品を使用して浮かせてから砥石でこすり、細かい汚れまできれいに取ることができました。

 

ブロックの囲いの外側は、内側と同じように洗浄して、こんなにきれいになりました! コンクリートを傷めないよう気をつけながらきれいにしました。全体的に明るくなりましたね! 同じような苔が付いていた下の石垣部分と比べると一目瞭然です。

 

お墓の手前の土間部分も、あんなにびっしり付いていた苔がすっきりとれました! 見違えるようなきれいさです。

 

お客様には、「とてもきれいになったね!」と喜んでいただけました。もともときれいにお参りされているのが伝わってくるお墓でしたが、周りのブロックにあれだけの苔等の汚れがついていると、せっかくお墓をきれいにされているのに見劣りしてしまって、もったいないですよね。ご自分ではお掃除が難しい部分でしたので、今回お客様が気になっていらっしゃったところがきれいになって、喜んでいただけて良かったです^^

作業をさせていただいたのはお盆前のとても暑い時期で、やぶ蚊もたくさん飛ぶ中でしたが(^^;)、職人さんたちも心を込めて精一杯頑張ってくれました。その甲斐あって、お客様にも、眠られているご先祖様にもきれいなお墓で気持ちよくお盆を迎えていただくことができました。

いつもきれいにされているからこそ、気になるところもあると思います。今後も何か気付いたり、気になったりすることがありましたら、どうぞお気軽にお声かけください。