こんにちは! 三重県・和歌山県南部にてお墓のお仕事をさせていただいております、湊(みなと)石材店の湊です。南牟婁郡御浜町志原の墓地にて、お墓を建立させていただきましたので、ご紹介します。

 

【南牟婁郡御浜町志原の墓地 新設】

 

私の子どものころからの友人のお母様が亡くなり、南牟婁郡御浜町志原の区の墓地にお墓を建てさせていただきました。友人の妹さんの希望で亡くなられて1年はご自宅でご供養をしていたのですが、今回お盆のお年忌に合わせてお墓を建てることになり、私に声をかけてくれました。お墓については、あまり大きすぎないお墓がいいということ以外は一任してもらえたので、何種類か図面を書かせてもらった中から選んでいただきました。

 

こちらが完成したお墓です。明るくて華やかなお母様のお人柄をイメージした、柔らかな感じのデザインです。形としては高さのある洋型のお墓で、すっきりとした中にも細部にこだわってデザインしました。

天面に大きく丸みを持たせた、縦型の棹石の中央にご家名を縦に素彫りで彫刻し、白色を入れて明るく仕上げています。また、両サイドには左右対称の桜の花の彫刻を施しました。

 

彫刻にも白色を入れました。ユリなどの案もあったのですが、一番しっくりくるものが桜でした。花が集まっている華やかなデザインです。使用した石も中国産桜御影で、桜の花の彫刻とぴったりです。

 

お水や供物をお供えする部分です。奥行きも十分にあります。両サイドに、細かい2重のアール加工を施しました。細部にも丁寧な加工を施して、高級感もありながら繊細で優しいイメージになるように心がけました。

 

お花立てです。写真左側がお墓の正面になります。前面は角の部分に面取り加工をして、お墓全体の柔らかいイメージに合わせています。ステンレス製の花筒は、取り外しできるのでお水の入れ替えも楽にできますし、丸洗いも可能で清潔を保てます。

 

お墓の一番下、四ツ石の前石(前側の石)です。ここも角は面取りをして仕上げています。石の優しく華やかな色合いにも調和していますね。

 

背面には、建立年月日と建立者の方のお父様のお名前を彫刻し、正面文字と同じように白色を入れています。お墓右側にはステンレス製の塔婆立てを設置しました。

 

棹石と台座との設置部分を後方から撮ったところです。棹石の角は、1センチ程度の淀加工をしています。デザインとしても上品な印象になり、石の継ぎ目に水が溜まりにくいという利点もあります。

 

拝石です。表面はたたき仕上げで、水にぬれてもすべりにくいようにしました。雨の日なども安全にお参りいただくことができます。額を入れて、高級感のある仕上がりにしました。

 

友人にもご家族にも、とても喜んでもらえました。子どものころからよく家に遊びに行かせてもらって、ご飯をご馳走になったりもしましたし、本当にとてもよくしてもらってかわいがっていただいたお母様でしたので、お客様というより身内のような方でした。感謝の思いを込めて、こんなお墓が喜んでもらえるんじゃないかな?と、友人ご家族やお母様のことを思いながらデザインしました。ご生前のお人柄のような明るく華やかで優しい印象のお墓を、お母様ご本人も喜んでくださっているといいなと思います。

お墓のお仕事をしていて、こうして大切な方の最期に関われたことは、本当にありがたいと改めて感じました。私も時々お参りに寄らせてもらえたらと思っています。ありがとうございました。