こんにちは! 三重県・和歌山県南部にてお墓のお仕事をさせていただいております、湊石材店の湊です。熊野市のお寺様墓地にて、コンパクトながら高さのある洋型墓を建立させていただきましたので、ご紹介いたします。

 

【熊野市寺院墓地 新規洋墓建立 中国産御影石】

 

以前、子どもの頃からの友人のお母様のお墓を建てさせていただいたことがありました。明るくて華やかなお母様のお人柄をイメージした、柔らかな感じの洋型墓です。今回のお客様は、その友人のお父様のご友人の方で、そのお墓をご覧になって、自分もお願いしたいとご相談くださいました。

 
当社がお仕事をさせていただいている地域では、まだまだ和型の大きなお墓が多いです。お客様は、「そんなに大きなお墓はいらないから」と、コンパクトでもオリジナリティーがあってお参りしやすい洋型のお墓を気に入ってくださったようです。サイズ感や費用面などは、友人のお母様のお墓と同じようにしたいとご希望でしたので、そのあたりはそのままに、デザインはまた違ったものをお作りすることにしました。

 

完成したお墓です。洋型でも高さがあって、和型と洋型の中間のような形です。参考にしたお墓は全体に丸みのあるデザインでしたが、こちらは少しシャープな印象を採り入れてみたところ、図面を見てとても気に入っていただけました。

 

角の部分を大きくカットする形で面取りをした、宝石のカットのようなデザインです。全体的な造りとしてはシンプルですが、特徴的なこのカットでとても印象的なデザインになっています。

 

花立です。こちらも棹石のデザインと合わせて、大きく面取りをして統一感を持たせました。花立は、お墓の台座と接する面がフラットな形状です。隙間なくピッタリと置けるので、隙間にごみなどが入りにくくてお掃除が楽だとご好評いただいています。

 

後方にはステンレスの塔婆立てを設置しました。錆びに強く丈夫です。それぞれ3枚ずつ重ねて、合計9枚は立てることができます。また、棹石の背面に戒名を彫刻しました。

 

棹石側面に建立年月と建立者の方のお名前を彫刻しています。供物台のデザインは、参考にしたお墓のものと同じです。

図面の段階から気に入っていただけていましたが、完成したお墓にも大変喜んでいただけました。亡くなられたのは奥様で、「早くお墓を建ててゆっくり眠らせてあげたい」と早めの建立をご依頼いただいていたので、初盆に間に合うように仕上げさせていただきました。

当社がご相談をいただく東紀州の周辺地域では、まだまだ伝統的な和型のお墓が主流ではありますが、洋型のお墓を希望される方も最近は増えてきました。「他とは違うお墓にしたい」「故人・家族らしいお墓にしたい」というオリジナリティーを大切にする理由から、洋型を選ばれる方が多いように思います。伝統的な形にももちろん特有の美しさがあるのですが、「オリジナルのお墓を作る」という点では、デザイン等の自由度の高い洋型のお墓の方が確かに適しているかもしれません。故人様のお好きだったものを彫刻したり、思い入れのある言葉を正面に彫刻したりするのも、洋型墓であればデザインしやすく、「こんなお墓にしたい」というご希望を再現しやすいと思います。具体的でなくても、「こんな風にしたい」というご希望があれば、ご一緒に考えて形にしていきますので、どうぞお気軽にご相談ください。

熊野市でのお墓工事に関する記事

●石の貴婦人、愛媛県産大島石のお墓を建立。石そのものの良さを引き出すシンプルなお墓、熊野市寺院墓地
●熊野市五郷町にて、先祖代々のたくさんのお墓をお墓じまい、土葬の仏様のお骨上げ。永代供養墓への改葬
●お参りに行けないお客様に代わって、心を込めてお掃除・お参りいたします。熊野市久生屋町にて
●熊野市二木島町の区管理墓地に、お墓や外柵の細部までこだわった、柔らかく優しい印象の中国産黒龍石のお墓が完成
●熊野市のお寺様墓地にて、古い墓石や樹木の撤去、墓石洗浄と外柵石据え付け。お墓周りを整備して、安全・快適なお墓に
●複数のお墓をひとつにおまとめしてクリーニング・文字色の入れ直し、霊記の新設等を行いました。熊野市金山町の寺院墓地にて
●日本を代表する銘石、愛媛県産大島石のお墓を建立。建立にともない、土の入れ替えや外柵石洗浄などの工事。熊野市の共同墓地にて